マンション経営 会社比較してみた 青山メインランド

青山メインランド

マンション経営会社 紹介 青山メインランド

青山

東京23区内を主に、投資用マンションを主軸とした商品として取り扱っている不動産デベロッパーに青山メインランドと言う会社が有ります。
東京都心部でのマンション販売を手掛けるデベロッパーは、分譲マンションを主な商品として扱い。
それをマンション経営する為の投資用マンションとしても販売する、と言ったケースが目立ちますが。
青山メインランドは、単身者向けの「メインステージシリーズ」ファミリー層向けの「ランドステージシリーズ」を提供し、
投資用マンションを軸に販売しています。

 

「都市空間に安らぎと安心を創造する」と言うコンセプトどおり、立地の利便性はもちろんのこと。
設備の充実さ、夜景を売りにしたシリーズなどあります。

 

都心の喧騒を忘れ、ゆっくりくつろげる住宅環境を得られるマンションシリーズを多く手掛けています。

 

ここでは青山メインランドが東京23区にこだわる理由、投資用マンションを青山メインランドで購入するメリットについてご紹介いたします。

 

「東京23区でのマンション経営」
何故、青山メインランドは東京23区にこだわるのか?
それは青山メインランドが投資用物件としての販売を主軸にしているマンションデベロッパーである事にもつながってきます。

 

投資用マンションを購入し、マンション経営を進めていく上で一番重要なポイントはやはり入居率。
近年、借り上げ保証のマンション経営等も人気ですが、やはり保証率などで利回りが下がってしまいます。
入居ニーズの絶える事のない東京都心で有ればそういった心配もなく。
リスクヘッジの出来たマンション経営を進める事が出来るでしょう。

 

「不動産投資を主軸にしているメリット」
そして、青山メインランドで投資用マンションを購入するメリットはもう一つ。青山メインランドが投資用物件としての販売を主軸にしている点です。
投資用マンションを主軸にしている、と言う事は投資家にとって魅力のある投資商品である必要があります。
そうした背景から、青山メインランドでは取り扱っているマンション物件どれもが、投資に適している優良な物件であると言えます。
そうして、各種の入居者管理業務や借り上げ保証のサブリースなどももちろん充実していますので、リスクを抑えた資産運用に適しているのではないでしょうか?

本社所在地 東京都千代田区内神田一丁目7番6号
北大手町ビル
設立 1988年4月1日
事業内容 不動産の企画開発、売買、販売、
仲介および不動産資産の運用、管理
代表者 西原 良三(代表取締役社長)
資本金 1億円
従業員数 188名(2011年4月)
決算期 3月末日
主要子会社 青山メイン企画

 

 

 

明治神宮球場の看板スポンサー
東京ドーム看板スポンサー
水戸ホーリーホックピッチ看板スポンサー
「Mr. 教授の危険なマスカレイド」協賛
「ギターを待ちながら」協賛
「SAMURAI 7」特別協賛
などもしております。


ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ