マンション経営 デメリット

マンション経営 デメリット

マンション経営 デメリット

 

 

 不動産投資には他の投資には無いさまざまなメリットもありますが、逆に不動産投資独特のデメリットもあります。
たとえば、株式やFXのような投資の場合、最初に取引を仲介する企業との手続きを済ませてしまえば、その後の売買は簡単です。
しかし不動産の場合は一つひとつの売買に面倒な手続きがついてまわります。

 

 また、マンションを購入してオーナーとなると、マンション経営をしなければ利益を得ることができません。入居者の募集や審査、入居手続き、クレームの処理、家賃を滞納された場合の督促、各種設備のメンテナンス、入居者が退去した後の修繕など、マンション経営には煩雑な作業や出費がともないます。
これらの管理業務を委託することもできますが、それには当然、委託管理料の負担がともないます。

 

 また、購入時に組んだローンを毎月返済していかなければなりませんし、不動産を所有していることにともなう固定資産税や都市計画税は毎年支払わなければなりません。マンション経営による利益がそれらを下回れば、利回りはマイナスとなります。

 

入居者を確保し続けるためには、定期的なリフォームも検討しなければなりませんし、それもオーナーの負担となります。
とくに中古マンションの場合は、こうしたメンテナンスやリフォームの費用は余計にかかります。

 

 また、急に現金が必要となり、物件を売却しなければならなくなった場合でも、他の投資法とは違って不動産投資の場合は、簡単には現金化できません。

 

不動産会社に依頼して購入希望者を募り、売却価格を交渉し、合意に達した後に売却手続きを済ませ、ようやく現金が手に入ります。購入希望者がすぐに見つかればいいのですが、見つからなければ数ヵ月待たされることもあります。

 

 しかし、これらのデメリットは注意深くマンション経営を行ってさえいれば、回避できる範囲のものでもあります。株式や外貨といった投資法が経済という個人ではどうしようもない相手によって左右されてしまうのに対し、不動産投資の場合は対処が可能なデメリットでもあるのです。

 

マンション経営会社比較

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ