マンション経営 生命保険

生命保険

マンション経営の生命保険効果とは

 

 

マンション経営は生命保険の代わりにもなると聞いたことないですか?

 

マンションを購入するときに借り入れをした場合に死亡や重度の障害に備え、「団体信用生命保険」に加入することができます。
これを上手く使えば、ご家族は残ったローンを負担することなく、毎月の家賃収入と資産価値の高いマンションという資産が家族の手元に残されるのです。

 

団体信用生命保険は、ローンを借りた物件のオーナーが万が一(死亡または重度の障害)のケースに、ローンの残りの債務を一括返済してくれる保険です。
本来はマイホームなどの住宅ローンを借りる時に入る保険です。

 

この保険の一番の魅力は、万が一のときに残された家族には無借金の物件が手元に残るということです。
団体信用生命保険はローン契約者の方が亡くなられたのケースにローンの残りを保険で支払われるものです。

 

金融機関によっては「三大疾病(ガン・急性心筋梗塞・脳卒中)保証付き団信」というものがあり、これでであれば三大疾病になった時にもローンは完済されます。(この場合、借入金利が上がることもあります。)

 

一般的に金融機関では住宅ローンの利用に際し、団体信用生命保険に加入することを義務付けているところがほとんどです。
団体信用生命保険は、保証金額としては最大で1億円まででローンの残債を金融機関に支払ってくれるものです。

 

マンション経営

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ