マンション経営 会社比較してみた

会社

マンション経営 会社

 

 

 マンション投資を行う方の大半はサラリーマンです。
マンション投資の場合、サラリーマンのほうが安定収入があるため、金融機関から有利な融資が受けやすく、それだけ少ない資金で投資がはじめられる利点があるのです。

 

 しかしマンション投資は入居者の家賃から長期にわたって利益を得ていく投資法であるため、その実質はマンション経営です。
マンション経営には、入居者の募集・審査・入居手続き・クレーム処理・家賃滞納の督促・退去手続き・退去後の修繕といった煩雑な作業があるうえ、設備の点検やメンテナンスなども行わなければならず、とても仕事のかたわらで出来ることではありません。

 

相応の知識やノウハウも必要となります。

 

 このため、たいていの場合はこうしたマンションの管理や経営を、不動産会社や管理会社に委託します。毎月委託料を支払わなければなりませんが、仕事と並行してマンション経営を自分で行うよりはずっと安心できます。

 

 自分に代わって投資の利益をまもってくれるのですから、これらの業務を委託する会社は物件と同様に慎重に選ばなければなりません。

 

 新築の投資用物件の場合は、たいていは購入した時点で管理会社が決まっています。マンションを販売している不動産会社がグループ企業の場合は、グループ内の管理会社が請け負っていることが多く、管理と販売が一貫している点で安心できます。

 

また、こうした規模の大きな会社は投資の相談にも応じてくれるうえに、金融機関との取引も多いことからパイプが太く、有利な融資が受けられるのでお薦めできます。

 

マンション経営 会社

 

 

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ