マンション経営 メリット比較してみた

メリット

マンション経営 メリット

 

 

 マンション投資には他の投資には無いさまざなメリットがあります。たとえば節税対策になります。通常の投資によって得られる収入は分離課税と言って、給与とは無関係に課税されてしまいますが、マンション経営より得られる収入は給与所得と損益通算が可能です。給与にマンション経営で得た利益を加算して総収入とし、そこから課税を受けることができるのです。

 

 それがなぜ節税になるかというと、マンション経営は事業ですから、経営にかかった必要経費は税金の控除対象となるのです。マンション経営の当初は、マンションを購入した費用が必要経費となるため、たいていは大幅な赤字となり、確定申告をした時に給与から差し引かれた源泉徴収分が還付されて戻ってくるのです。
 そのほか相続税や贈与税の面でも、不動産投資は優遇処置がとられているため、節税効果が高いのです。

 

 また、マンション投資は生命保険の代わりにもなります。マンション購入時の融資を受ける際に、負債者に万が一の事態が生じた場合に備えて生命保険に加入しなければなりません。負債者がローン返済途中で死亡した場合、返済の残額はその生命保険から支払われ、購入した物件はそのまま遺族に残ります。

 

遺族はローンが完済された物件の賃料をそのまま生活費とすることもでき、それが生命保険の代わりになるのです。

 

 マンション投資は年金対策としても機能します。マンション経営では物件の管理を不動産会社や管理会社に委任することができるので、家賃収入は不労収入として退職後の年金対策にもなります。不動産会社や管理会社は専門家なので、リスクコントロールのための知識やノウハウがあります。

 

彼らに支払う管理料を投資のリスク回避料と考えれば、けして高いものではありません。つまり、不動産投資は他の投資と比べてリンクコントロールがしやすいのです。

 

 

 これだけのメリットがあるにもかかわらず、マンション投資はさまざまな投資のなかで、唯一金融機関から融資が受けられのです。このため少ない資金で、投資により有利な高額な物件を購入することができます。それがもっとも大きなメリットでしょう。

 

マンション経営トップページ

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ