マンション経営 会社比較してみた

プロパティエージェント

プロパティエージェント マンション経営会社 比較

プロパティエージェント 会社比較 紹介
マンション経営を始めるにあたって一番の不安は、ちゃんと入居者を募る事が出来るか?
という事です。

 

家賃収入こそが、マンション経営の一番のメリットです。
家賃収入の得られないマンションでは、宝の持ち腐れどころか、大きな出費の元にしかなりません。
不動資産はあるだけで税金やらで持っていかれますから。

 

しかしプロパティエージェントはそうした不安を解消するシステムを構築しています。
この企業では賃貸仲介の専門店舗を運営しています。
「ORANGE ROOM」という店舗です。

 

エイブルなどに比べて圧倒的に知名度が低いですから、そんな所で入居者をしっかり集められるのかという不安の声が聞こえてきそうです。
しかしプロパティエージェントが運営している「ORANGE ROOM」は文京区のみで、山手線沿線や文京区といった、比較的高級な物件であったり、ペット可能といった特殊な物件を紹介しているのです。
ですからそのあたりの地域の方ならば、馴染みのある店舗です。

 

そのあたりの地域にお住んだ経験があるならば、かなり入居率が高いという事を知っているはずです。
空き物件もすぐに埋まってしまうという状況です。

 

要するに、プロパティエージェントの投資用マンションは、ただでさえ入居者が集まりやすい地域に集中しているという事にくわえて、「ORANGE ROOM」による仲介サービスがよりその入居率を高めてくれるのです。
なんと入居率は98%です。

 

手頃な価格の郊外のマンションを購入しても、入居者が入る可能性は低いです。
それならば、プロパティエージェントのような、入居者不在というリスクを心配する必要の無い地域の投資用マンションを多く揃えた業者にあたるというのは、賢い撰択かもしれません。

 

マンション経営会社 比較

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ