マンション経営 リスク

リスク

マンション経営のリスクって

 

 

 不動産投資は株式や外貨といった投資法と比べると景気の影響を受けづらく、その意味では安定性の高いリスクの少ない投資法です。しかし、だからといってまったくリスクが無いというわけではありません。

 

 一番のリスクは入居者が確保できない場合です。
マンション経営では家賃が利益となりますから、入居者がいなければ利益が得られません。サブリースといって不動産会社に一定期間、一括で借り上げてもらい、家賃を保証してもらう方法もありますが、それも入居者が確保できなければ更新時に家賃の値下げを迫られます。

 

家賃が下がれば、場合によっては毎月のローンの返済分が持ち出しとなって資産を削っていくことも考えられます。

 

 また、とくに中古マンションの場合は、メンテナンスやリフォームに思いのほか出費を強いられる場合もあります。資金不足でそれらを怠れば、それだけ入居率は下がってしまいます。

 

 しかし、これらのマンション経営上のリスクはコントロールできるものでもあります。入居率を決めるのは物件が建っている立地と物件のグレードが関係してきます。たとえば最寄駅から遠く離れた場所にあって、設備が古く満足なセキュリティも無い物件では、家賃がよほど安くなければ、入りたがるひとは少ないでしょう。逆に交通の利便性が良く、設備もセキュリティも整っている真新しいデザイナーズマンションならば、多少家賃が高くても入りたがる方はいます。価格や利回りよりも、入居者が確保しやすいかどうかで物件を選べば、リスクを抑えることができます。

 

 また新築物件なら購入後にメンテナンスやリフォームの心配はありません。
仮に将来、そうした負担がかかってくるとしても、あらかじめ積み立てておくこともできます。

 

 マンション投資は長期にわたる投資となるので、計画的でなければ失敗しやすくなります。
上手に物件を選んで賢くリスクを回避するようにしてください。

 

マンション経営

 

 

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ