マンション経営 首都圏 会社比較してみた

首都圏

マンション経営 首都圏

 

 

 首都圏は正確には東京都とその周辺の埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県および山梨県を含む範囲を指します。
より一般的には東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県を意味します。
首都圏は交通機関が都心部と直結されていることで利便性が良く、都心のベッドタウンとして発達しているエリアです。

 

 入居率が都心に次いで高い割には、手ごろな価格で販売されている物件があり、投資には適していますが、ファミリー向けの物件が多いのが特徴となっています。
 都心は間取りの広いファミリー向けのマンションは高額になり、投資用物件の主流はシングル向けのマンションになります。
都心では入居者の流入が多く、不動産投資の競争も激しく、投資物件のトレンドの移り変わりも早いため、家賃の下落を抑えながら入居者を確保していくためには、設備の入れ替えやリフォームも頻繁に行わなければなりません。マンション経営の負担は大きくなりやすいのです。

 

 首都圏のファミリー向けの物件はシングル向けの物件と比べて入居者の流出が少なく、一度入居者が決まると比較的長期間居住する傾向があるので、家賃収入も安定しやすいのが魅力です。

 

その反面、シングル向けの物件は平日の昼間は使用されていないことが多いのですが、ファミリーの場合はそうはいきません。
子供もいるので物件が傷みやすい欠点があります。それだけに耐久性が高い新築物件がお薦めです。

 

 年金対策など、より長期にわたってマンション経営を行う場合は、都心よりも首都圏の物件のほうが有利な投資となることもあります。
都心部で良い投資物件が見つからない場合は、都市圏にまでエリアを広げてみることをお薦めします。

 

マンション経営の知識を学ぶ

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ