マンション経営の失敗

マンション経営の失敗

マンション経営 失敗

 

 

 マンション経営で失敗したケースの大半は入居者が確保できず、家賃が予想していた額を下まわってしまった場合か、あるいは中古物件などでメンテナンスやリフォームのための追加投資が予想を上まわってしまった場合です。

 

 マンションは新築の場合、購入した時点で中古となるため、売却しても購入価格の80〜70%程度にしかならないことがあります。マンション投資は長期にわたって利益を少しずつ回収していく投資法なので、途中で失敗に気づいてマンションを売却しようとしても、ローンの残額を精算するとほとんど残らなかったり、最悪の場合はマイナスになってしまうこともあります。こうなると投資した頭金も取り返すことができません。

 

 マンション経営に失敗しないためには、マンションの購入時に価格や利回りよりも、入居者が確保しやすいかどうかで物件を選ばなければなりません。

 

たとえ高額な物件でも高い家賃で入居者が確保できれば損はしません。
人気の高いエリアに建てられたグレードの高い新築物件であれば、家賃が高くても入居希望者はいるものです。

 

 逆にいくら安い物件でも入居者が確保できなければ投資は失敗します。

 

家賃収入がまったく無かったとしても、物件を所有していることで派生する固定資産税や都市計画税は毎年支払わなければならず、物件の管理を委託しているのであれば、毎月管理料を支払わなければなりません。支出は確実にあるのです。

 

加えて中古物件の場合は経年による劣化が進んでいるため、修繕費もかかります。

 

 中古物件の場合はほかにも注意する点があります。

 

そもそも利益が十分に見込める物件であれば、所有者は滅多に物件を手放しません。

 

手放したということは、その物件ではすでに利益が見込めなくなている可能性が高いのです。

 

中古物件に投資する場合は、その点も十分に検討するようにしてください。

 

マンション経営

ピックアップ

マンション経営の特徴


ホーム RSS購読 サイトマップ